ブラック研究室へようこそ!

ブラック研究室。それは大学院生が放り込まれるかもしれない闇のアジト。在籍時代のエピソード・Web/アプリ開発の備忘録など。

Phase30 ゴール君の要領の良さはブラック

 

www.blacklab-blog.net

 

前回、チップ製作のワンオペ体制を是正しようと、

1コ下の後輩、ゴール君に1からノウハウを教え込むことにした。

果たして、ひとりデスマーチから脱却することができるのか?!

 

今回でなんと、ブラック研究室エピソードは記念すべき第30回目なのです。

よくもまぁ、こんだけ書くことがありますね。

卒業まで頑張って書き切りたいと思います。いよいよ佳境に来ておりますよ。

 

ゴール君は、やっぱりゴール君

僕「ここでクロックが立ち上がるから、そのタイミングで…」

ゴール君「うーん。なるほど…」

僕「ここでビットを反転させて…」

ゴール君「ふーむ、なるほど…」

 

・・・

 

僕「どう、いけそう?」

ゴール君「おー、すげー!べっくすさん、わかりやすい!」

僕「ホッ、良かったぁ。」

ゴール君「はい! \(^o^)/」

僕「\(^o^)/」

ゴール君「ですね、さっきのやつ、10%ぐらい理解できました!」

僕「…え?」

ゴール君「はい! \(^o^)/」

僕「(^^)」

 

こんな調子だった。

大丈夫。辛いのはきっと最初だけだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の日。

 

ゴール君「べっくすさん!質問しても良いですか?」

僕「お、やる気あるじゃん!」

ゴール君「はい! \(^o^)/」

僕「\(^o^)/」

 

ゴール君「えっと、昨日のところなんですけど…」

僕「ふむふむ…ここで波が立ち上がるから、足せば良くて…」

僕「(あれ…昨日と全くおんなじこと言ってる気がする。デジャヴかな?)」

僕「昨日のくり返しになっちゃったけど、これで大丈夫かな?」

ゴール君「はい!」

ゴール君「多分! \(^o^)/」

僕「(^^)」

 

いや、大丈夫だ。きっと大丈夫。

ほら、だって、質問するぐらいやる気を見せてくれているし。(中身は最悪だったけどね)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、別の日。

 

僕「次に今度はここで平均をとってやればさぁ…」

ゴール君「あの、べっくすさん」

僕「ん?どしたん?」

ゴール君「で、結局のところ、これのゴールってなんなんすか?」

 

出たぁ!!!

ゴール出たぁ!!!

 

 

こう来ることは予想していた。

だから優しく、こう諭してあげたのだった。

 

僕「ゴールはね、これを完成させて、僕が平穏に就職することだよ」

ゴール君「え?どういうことすか?」

僕「ゴールはね、これを完成させて、僕が平穏に就職することだよ」

ゴール君「いや、あの、そうじゃなくて…」

僕「ゴールはね、これを完成させて、僕が平穏に就職することだよ」

ゴール君「ひぃ!べっくすさんが壊れたおもちゃに…」

 

 

・・・・・

 

 

ゴール君「僕が聞きたかったのは、この製品自体が完成したときのゴールですよ」

僕「ごめんね、つい自分の欲ばっかり出ちゃったよ」

 

僕「わかった、きれいごと言ってもダサいから、この際はっきり言うわ。」

ゴール君「お願いします!」

僕「正直、この製品とかまじでクソ喰らえだ!高画質の動画をリアルタイムで圧縮して・・・なんてものは、もうすでに世の中いっぱいあるじゃねぇの。Chromecastさんとかさ。」

ゴール君「た、確かに…」

僕「だから、こいつを完成させたところで、何の新規性もねぇ。得られる名誉もねぇ。地位もねぇ。だからちびっこ先生も、関わらないようにしてるんだろう」

ゴール君「悲しいっすね、僕ら…」

 

 

このままだと、ゴールがしょぼすぎて、ゴール君はこのプロジェクトから逃げてしまうかもしれない。

だから、下げて上げる作戦をとった。

 

僕「…でも、この機会を逆手に取って利用してやることはできる。」

ゴール君「というと?」

僕「電機メーカー行きたいんだろ?完成品はしょぼいが、メーカーに近いプロジェクトを完遂させたとなれば、これはこの上ないアピールになる…」

ゴール君「な、なるほど!!」

僕「何者でもない俺らが、何者かになれるチャンスでもあるってことよ、フッ」

ゴール君「俺、がんばります!!  \(^o^)/」

僕「\(^o^)/」

 

うまくいったぜ。ウワッハッハッハッハ!!

さぁ、これで土台は整った。さぁいくぜ!

 

ゴール君はやはり要領が良い

やっぱり人生、そう上手くいかないのですね…。

 

1週間ほど経ったある日。

 

僕「は?」

 

 

ゴール君「俺、実は、来週から3ヶ月台湾に留学することになりまして!」

 

僕「は?」

 

ゴール君「なんで、あとヨロシクおなしゃす! 」

ゴール君「\(^o^)/

 

僕「クソガキが!!!」

 

 

こうして、ゴール君は、台湾へと旅立った。

その後壮絶なるデスマーチとなることを予想してなのか、

上手いこと逃げ切ったのだ。

 

正直、この要領の良さには感服いたしました。

 

後日談になりますが、

ゴール君は、もちろん今後もこのデスマーチに参加することもなく、

でも一応動画像チームなので、この件に関する論文を第一著者として、国際学会に出すことに…。

 

そして、安々と電機メーカーから内定をもらっていたっけ。

僕は完全に踏み台にされたのでした。チクショウ!!!

 

 

では、また!!!

 

>>Next Phase

Phase31 指導体制がさらに崩壊していてブラック