ブラック研究室へようこそ!

ブラック研究室。それは大学院生が放り込まれるかもしれない闇のアジト。在籍時代のエピソード・Web/アプリ開発の備忘録など。

Phase3 事件は研究室で起きてるんですが…

事件は、配属してまだ3ヶ月。

春。大学3年の終わりに起きたのだ。

 

ちょっとこの件に関しては、面白おかしく書ける内容では無いけれど、

事実として書こうと思う。

 

とまぁ、まず事件を語るにあたって2コ上の先輩について紹介しないといけないんで、

そこは面白おかしく書いておくとしよう。

ホントぬかりねぇな!

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■2コ上の先輩①:マッキー先輩

一番明るいて良い人。よくしゃべる、いや、あれはおしゃクソの域に達していた。

後輩の僕らをなんの根拠も無く、ひたすら褒めちぎってくれる。

ヤンキー「趣味すか?バイクっすね」

マッキー先輩「うぃーね、うぃーね。うん、いや、その、うぃーね。なんていうかその、新しい風!新鮮!うぃーね君!」

まぁ、その…うぃーね!!(笑)

 

そして、配属前の僕ら後輩の勧誘役だった。

こういう明るい先輩もいるし、ここもありだよね、なんて研究室のイメージアップを成し遂げた人でもある。

 

■2コ上の先輩②:ヤマさん先輩

またこの人も明るく、人当たりが良かった。

アロハシャツとのミスマッチさがたまらん。

さすが飲みサー出身だ!

最初、僕のことをコミュ力高くて良いキャラしてる!と買ってくれていた方だ。

しかし、先輩方との距離を縮めようと焦り、忘年会の二次会(カラオケ)で、

ヤンキーと僕がデュエットしながらディープキスをかますという、最高のパフォーマンスをお送りしたところ、

「マジでキモい…」とドン引き。距離を置かれるようになった。

 

…まぁ、ヤンキーがノリノリでパフォーマンスに付き合ってくれたのが、正直びっくりだったよね。(もっと言うことあるだろ)

 

■2コ上の先輩③:KEN TAKAKURA先輩

あまり関わりがなく大したエピソードもないんですが、

寡黙で堅実、そして優秀な人。

マッキーパイセン、ヤマさんパイセンという並びがあったので、

やっぱりバランサーとしての安定感はハンパなかったなぁと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

そして本題…

 

3年の終わりごろ、研究室に行っても特にやることがないので、

ほぼ行かなかったが、

たまに来るとこんな感じで不毛に過ごすのだった。

 

・PCだけのまっさらな自分のデスクであてもなくネットサーフィン

 

・マッキー先輩に絡みに行き「まぁまぁまぁまぁ、この時期は遊んどき」の毎回同じくだりをアクビしながら聞いたり(アクビすんなよ)

 

・ゼミに出席し、わけのわからない先輩の進捗発表をボーっと聞き流す

 (最後にお決まりの教授の「はい、解散!」の一声で皆沈黙のまま、ぞろぞろ帰っていくまでがワンセット)

 

そんな時、あるメール(from 教授)が来た。

「明日、緊急でミーティングをします」

 

次の日、久しぶりに来てみると、いつにも増して重たい空気が漂う…

 

 

 

 

開口一番に、教授。

「実は、TAKAKURA先輩が亡くなりました。」

 

・・・うそだろ?

全くわけがわからなかった。

 

自ら亡くなったとのことだったが、

前兆もなかっただけに、2コ上の先輩達もただただ驚き、ショックを隠せない様子だった。

時がたった今でも、なぜそれに至ったのか不明なのだ。理由もなくなんてありえるのだろうか…。

 

はたまた、

生前のTAKAKURA先輩と同じ境遇だったか、

それ以下か、それ以上だったのかわからないが、

さらにしばらくすると、僕もこの研究室で、超絶な闇に飲まれることになるとは、

当時知る由もなかったのだ…。

 

さぁ、そんな自身のエピソードを面白おかしく書いていくぞ!

Keep on Running!!(これ使いやすいね)

 

>>Next Phase

Phase4 さらば、おかっぱ先生